本文へスキップ

株式会社カンキョーワークスは排出事業者のビジネス環境に最適なソリューションを提案いたします。

フリーダ0120-168-381(イロハ産廃)

東京都・神奈川県の産業廃棄物に関するお問い合わせは

トップページ > 廃棄環境マネジメント

廃棄環境マネジメントEWM


環境マネジメントシステム
環境に関する方針や目標等を自ら設定し、これらの達成に向けて取り組んでいくことを環境マネジメントといい、このための工場や事業場内の体制・手続き等を環境マネジメントシステム(EMS)といいます。事業組織の環境パフォーマンスの向上を図る環境マネジメントシステムは、いまや組織の持続可能な発展のための必要不可欠な経営ツールであるといえます。
平成4年の地球サミットを受けて、持続可能な開発を実現に向ける手法の一つとして、環境マネジメントに関する関心が高まってきました。 こうした動きを踏まえ、ISO(国際標準化機構)では、平成5年から環境マネジメントに関わるさまざまな規格の検討を開始しました。これがISO14000シリーズと呼ばれるものです。
ISO14000シリーズは、環境マネジメントシステムを中心として、環境監査、環境パフォーマンス評価、環境ラベル、ライフサイクルアセスメントなど、環境マネジメントを支援するさまざまな手法に関する規格から構成されています。
このなかで中心となるのが、「環境マネジメントシステムの仕様」を定めているISO14001です。ISO14001は、平成8年に発行されました。ISO14001は、事業組織が環境パフォーマンスの向上を図るための枠組みを提供しています。
廃棄環境マネジメントシステム
事業の環境影響を分析すると、@廃棄物排出、Aエネルギー消費、BCO2排出の問題が特に大きな課題となっています。わたしたちは、廃棄物処理のプロフェッショナルとして、環境マネジメントにおける廃棄物の削減、リサイクル、適正処理の最適化をサポートします。
廃棄物排出
電力消費
CO2排出
木材資源消費
水質汚染
 
わたしたちは、事業活動による廃棄物排出をプロダクトサイクル全体のなかで考察し、環境に与える影響要因を特定し、関連環境法規への適合化を確実にします。そして廃棄環境の改善のための目標と、これを達成するためのマネジメントシステムを策定し、継続的な改善に向けて、定期的に評価・報告を行います。
@ 廃棄物総排出量分析
月次、部門別
A 廃棄物種類分析
廃棄物内訳
B サイクル率分析
再資源化量/廃棄物総排出量
C 廃棄コスト分析
最終処分費
リサイクル費
焼却費
収集運搬費
D 廃棄収支分析
E 環境影響、環境負荷分析
F ネットワーク・パフォーマンス分析
G 廃棄プロダクトサイクル分析

バナースペース

エコ・ファクトリー 中間処理場

 お持込大歓迎
 〒241-0802
 神奈川県横浜市旭区上川井町2444番地
 営業時間:7時〜17時30分(要予約)
 休  日:日曜日・会社指定日
 【受付・配車・営業・管理】
 フリーダイヤル 0120-168-381
 【dad事業部・一時多量ごみ】
 フリーダイヤル 0120-53-4953
 TEL 045-920-0233
 FAX 045-920-0133
 アクセスマップ