電子マニフェストについて検討したい、 もっと知りたいとお考えなら、 お気軽にお問い合わせください
これからの時代は
5大特長
低料金化
社会貢献事業
困ったときのQ&A
お問い合わせ
JWnetを一歩進めるKWNET−環境マネージメントを支援する電子マニフェスト・ネットワーク
JWnetは、マニフェスト情報の適確化と情報伝達の効率化により、不法投棄による環境汚染を未然に防ぐことを目的としています。 ですから、産業廃棄物のトレーサビリティの向上を主なねらいとしていると言えるでしょう。
私たちは、この官製のマニフェスト制度に大きな疑問を抱いています。集計・報告義務としての垂直型のマニフェスト・システムではなく、 環境マネージメントを支援する水平型のマニフェスト・ネットワークが形成されていくことこそ大切であると考えます。 情報の質と精度を高めなければ、マニフェストは単に無駄なゴミを量産することに過ぎなくなります。また情報の中身がチェックで きなければセンターは、形式だけの「登録件数センター」になりかねません。
「電子マニフェストを導入すれば、交付等状況報告書の提出が不必要になります」という謳い文句を聞くとき、私たちは違和感を 感じるべきではないでしょうか。このことは現在のマニフェスト制度のあり方の本質を表していると言えるでしょう。 マニフェストがどう交付されたかの報告は、まずもって誰よりも排出事業者自身に報告されるべきものではないでしょうか。集計 報告が要らなくなるマニフェスト制度とは、いったい何なのでしょうか。
私たちは、環境マネージングに役立つマニフェスト情報を活用するためのネットワークづくりをめざします。排出事業者、収集運搬 業者、処分業者の3者の協創による電子マニフェスト・ネットワーク、それがKWNETです。
環境マネジメント・システムとCSR (社会的貢献)をつなぐ

HOME | 会社情報 | Q&A | 情報セキュリテーとプライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ | MAIL | Kankyoworks